レッスン動画再生リスト!

ウクレレの正しい持ち方を考えよう!(ストラップ編)


前回、ウクレレの正しい持ち方について考えましたが、
今回はストラップを使った場合について考察しました。

ウクレレを持つ際に大切なことは5つあります。
1.ウクレレを安定させる。
2.右手が自由に使える。
3.ウクレレが体の真ん中にくる。
4.左手のひじが動くスペースがある。
5.体に負担のかからない。

以上の5つをクリアするには、ストラップを使うのが良さそうですので、
3つのタイプのストラップを使って検証していきます。


1.ウクレレストラップ(ホールにつける)
ホールにクリップを引っ掛けてつけるタイプのストラップです。
ストラップ無しよりは安定しますが、演奏中右手で押さえていないと
ウクレレがひっくり返ってしまいます。
ウクレレの安定の度合いは低いし、
右手も自由になりません。

またウクレレを安定させないとネック側も落ちてしまいますので、
あくまでも補助と考えて使うのが良さそうです。

見た目に可愛いストラップが多いのが特徴です。
小さいので持ち運びに邪魔になりません。


2.ウクレレストラップ(エンドピン&ヘッド)
ウクレレのお尻にエンドピンがついているウクレレで使えます。
エンドピン側で固定して、ヘッド側は紐で巻きます。
ギタリストもWes Montgomeryや 昔のカントリーのプレイヤーなどがこのスタイルで演奏していました。
メリットはしっかりウクレレが固定されることです。
ただし付け方によってはネック側が下がってしまうこともあります。

デメリットはエンドピンが無いウクレレは、エンドピンを打たなければならないこと。
そしてヘッド側の紐を結ぶ位置によっては
コードが押さえにくくなってしまう(親指が引っかかる)などです。
ストラップのせいで、左手のひじを動かすスペースが少し減ってしまいます。


3.ウクレレストラップ(エンドピン&ネック裏)
エンドピンとリア側のピンの両方で固定します。
ギターと同じスタイルですね。

ストラップの長さをしっかり調整すれば、
両手を話してもウクレレの位置が変わらないので、
一番固定されるのではないでしょうか。

右手も自由ですし、左手のスペースもしっかり取れます。
大事な5つのポイントは全てクリアしているのではないでしょうか。

デメリットとして挙げるならば、ピンを2つ打たなければならないことです。
(エンドピンがあるウクレレはありますが、リア側にあるウクレレはほぼない。)

オススメの持ち方
僕のオススメの持ち方は3.のストラップ(エンドピン&ネック裏)です。
ウクレレが安定することにより、演奏が楽になりますので、
弾けなかった曲が案外簡単に弾けるようになるかもしれません。

さらにピンをロックピンに交換すると、
ウクレレからストラップが外れることがなくなるので、
ライブに使用される方にはロックピンも合わせておすすめします。

ウクレレに穴を開けたくない方を除いては、
3の付け方が一番良いと思います。
楽器店でピンを打ってくれますので、
ウクレレの安定で困っている方はストラップを使ってみてください!


------------------------------


東京南荻窪Acousphere Studioにてウクレレレッスンを開講しています!
入会費、年会費などはありません。
初心者の方から丁寧にフォロー致します!

レッスンのお申し込み、お問い合わせの詳しいご案内はこちら!